​食べる

心と体と魂の健康のため、バクティ・ヨーギーは肉・魚・卵・五葷を使わず、新鮮な食材を使い調理します。食事は神様に捧げた後、「プラサーダム」として感謝の気持ちをもっていただきます。「食べるヨガ」とは、プラサーダを食べる行為を指します。ルールに則って作った料理を神に捧げ、精神的な食べ物となったプラサーダムを食べることによって自分と神の関係を築いていきます。